お手入れの手引き

 
  • 使用上の一般的なご注意

    アイテムの内面に縫い付けられたラベル記入の、注意事項に従ってください。 お手持ちのParajumpersジャケットを洗濯する前には、必ず洗濯表示をよく確かめましょう。 生地、パディング、パーツの種類ごとに、洗濯方法も変化します。 アイテムのお手入れやクリーニング店に出す前に、ファートリミングを含め、取り外しできる部分はすべて外して、しっかりと保管しておきましょう。 コートのライニングが取り外せるときには、別々に洗うことをお勧めいたします。 生地の種類によっては、色落ちすることがあるため、ジャケットは別洗いし、浸け置きやこすり洗いは避けてください。 染み抜き用剤の使用はお避けください。 油シミはまず食器用洗剤で下洗いしてから、以下の手順でお洗濯してください。

    お洗濯と乾燥について

    アウター

    取扱い表示ラベル上の洗濯シンボルで、洗濯機で洗えるジャケットについては、30°の湯音でデリケートな衣類用のプログラムを選びましょう。 裏返しにしてジャケットの裏面を表にして、お洗濯してください。 水量を制限した「エコモード」プログラムは、パディングジャケットのお洗濯には適していません。

    ジッパー最下部の合成レザーは、ジャケットを水洗いしても痛みません

  • お勧めの洗剤は特にありませんが、刺激が強くないものを選びましょう。 柔軟剤の使用は避け、よくすすぎ洗いをしてください。

    お洗濯のプログラムが終了する前に、良く脱水をかけ、必要に応じて脱水を繰り返し、水分をできるだけ除いてください。その後時々上下を変え優しくふって羽毛が固ままらないようにしながら、平干しします。 このように干せば、中に詰めた羽毛は元のボリュームを取り戻します。ジャケットは乾燥したお部屋の中で乾かすか、外に干す場合は陰干しで、あまり長時間放置しないように乾かしてください。 直射日光にさらすと、色落ちする原因になります。

    冬季にダウンフィリングのジャケットを乾燥させるには、清潔なテニスボールをいくつか使って羽毛を移動させながら、乾燥機にかけるのがもっとも簡単です。 乾燥機を使う場合には、低温プログラムを使用し、プログラムの停止後ただちに乾燥機から出し、表地が熱をおびた乾燥機のドラムと接触する時間が長引かないように、心がけてください。 ジャケットが縮む原因になります。

    クリーニングの専門業者に持ち込んでジャケットを洗濯する場合は、ドライクリーニングではなく、水洗いするように指定してください。

    フリースとTシャツ

    フリースとTシャツに取り外しできるパーツが付いている場合、洗濯の前に取り外してから洗ってください。 裏返し、30°の湯音でデリケートなプログラムを選びましょう。

  • 手洗い

    ニットのような取扱に注意を要するアイテムの場合、こすったり浸け置き洗いは避け、優しく手洗いしてください。 洗い終わった後は、そっとしぼり、日陰に平干しで乾かします。

    専門業者の水洗いクリーニング

    通常ドライクリーニングを示す円のシンボル中にWの文字が入っている場合は、専門業者で水洗いクリーニングをお勧めします。 このような洗濯法が指示されているのは、主に乾燥の過程で特に配慮を必要とするアイテムです。生地の表面加工のためドライクリーニングができないジャケットで、なおかつ専門業者用の乾燥機が必要なものが該当します。

    ドライクリーニング

    水洗いのシンボルが棒線で消してあり、ドライクリーニングのシンボルは消されていない場合は、 そのアイテムは、シンボル内部に記された文字が示す適切な溶剤を使って、ドライクリーニングをしてください。P は(テトラクロロエチレン)F は(炭化水素系溶剤)を示します。

Down

PARAJUMPERS商品のお手入れ

Parajumpersのアイテムを長くご愛用いただくために、次の事にご注意ください。

1) しっかりと汚れを落としてください。 汚れ、汗、油分は生地を傷める原因になります。 アイテムに縫い付けられたお洗濯表示に従って、清潔に保ってください。
2) ホコリや汚れを防ぐには、ガーメントケースで覆い、しっかりしたハンガーにかけて、乾燥した光の入らない場所に保管しましょう。
3) PJSジャケットを狭いスペースに収納しないでください。
4) やむを得ず狭いスペースに収納する場合は、ファートリミングを取り外し、つぶれない様にプラスチック袋に入れて、別につるしておきましょう。 長期間しまっておいた後で使用する場合は、低温の乾燥機に清潔なテニスボール数個と入れて乾燥させてください。 こうすれば、羽毛がもとのボリュームを取り戻します。